Calender

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

-

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2012.01.01 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

くさなぎつよし

D万能説

次回は1週間後か?って言っていたら、本当に1週間ぶりの登場のあどです、こんにちは。
気づけば、ぷっすま@大分を、ここで語る(?)こともできず、
早くも明日深夜には、ぷっすま@大分2回目、があります。
(あ、やっぱり先週のぷっすまがあった日も、夜中に目が覚めました)

私の今の状態は、一番最後に書くとして、
あまり長文も書けないので、短く、それも剛くんの話は少なめだと思います。
それでもいい方は読んでくださいね。

といいながら、実は何を書くのかここにきても決めてませんが...
 
まずは...ステキな隠し撮り、ですか。
当日の新聞の「試写室」というコーナーに書かれていたんですが、
舞台出身の俳優の熱演が目立った...的なことが書かれていて、
ちっ!剛くんについてはノーコメントかよ!と、朝からお怒りの私だったんですけど、見たらわかりましたね。剛くんの出番は少なかったね。

番組全体の感想としては、ステキな悪ふざけ...とでも言いたいような...
1つの番組として、全部は残しておこうかなとは思っているけど、
う〜〜んという番組でした。
コメディーは大好きだし、コントも好きだし、(新聞ではドラマというよりもコントだと書いてありました)三谷さんの世界も好きだけど、ちょっと空回りしてるような気がしました。

最初、「隠し撮り」風の撮影をすると聞いていたので、え?誰が隠し撮りをしてるっていう設定なんだろう?って思って見てたら、西田さんが隠し撮りしてるみたいなフリがありましたね。ああ、西田さんが、幽霊が隠し撮りしてるという設定だったら、まあ問題にはならないだろうなって(だって人間だったら問題でしょ?)安心したんだけど、ラストにもうひとひねりありましたね。油断してたよ(笑)

隠し撮りってことで照明は少なめで、ほとんどワンカットで撮られてるとみられ(だから短時間での撮影が可能だったんでしょうね。カメラを仕込めばいいわけだから)アドリブがあったり、オチが途中でわかっちゃうのもあったりで...あ、結構楽しんでたじゃん、私(笑)

で、剛くんですよ。
私はですね〜箱の中から顔だけを出して「入ってる?」っていっている小動物に、メロメロになってしまいました。何なんでしょうか?あの子は??どこの動物園から逃げ出してきたんですか?新種の小動物ですか?小動物の癖に、あの低音の声。私を殺す気ですか?

何回リピしたかわかりません。
あんなかわいい小動物をテレビで長時間流してはいけません!
私の身体が持たないので、あれくらいの長さにしてくれたんでしょう。
ちょうどよかったんですよ。
三谷さんありがとう(なんか違う)

もしかしたら...あの箱を買うと、小動物がついてくるんでしょうか?
どこに売ってますか??(笑)

あの小動物は、どうやらふかっちゃんもメロメロにしてしまったらしく、
ふかっちゃんたら、シルクドそれゆけのチラシをPOPにしてたじゃないですか!
ホントに罪な小動物です(笑)
ふかっちゃん、気持ちわかるよ、ってことで、
しょうがないから、お尻を押したこと、許してあげます。
だから、そのPOP、ください!!!(本音はそれ)

いいとものこととか、スマスマの事とかも書きたいんですけど、
ちょっと無理そうなので、いっそ何も書きません(笑)
昨日のスマスマの歌の剛くんがごっついステキだったことは書いておきます。

そして、ステキな隠し撮りの日、私は同じ時間に見たい番組が4つありました。
ステカク、火車、NHKのさとみちゃんが出てたドラマ、妖怪人間です。
ばかでしょ〜〜〜(笑)
ステカクと妖怪人間は自分の部屋のレコ機でダブル録画。
あと2つはリビングで録ればいい話だったんだけど、
当日なんだったっけ?バレー?があったりで、延長も心配だったし、
ま、そういうのには対応してくれるんだけど、
何しろアナログな頭なので心配で、ステカクをリビングでも録画。
そして火車をリビングで録画、したわけです。NHKはあきらめて。

火車はやっぱり大好きな小説が原作だったし、
ヒロインに一抹の不安はあったけど、やっぱり見たくてね。
そしたら、結構面白かった!
ハハに話したら、見たいっていうんで、昨日一緒に途中まで見ました。
あの本読んだことある人ならわかると思うけど、
やっぱりヒロインは最後まで出てこない。
一言も台詞がない。
本通りの扱いにホッとしました。
あの本を2時間にまとめるのは大変で、いろいろ苦労のあとはわかったけど、
本間さんちの智君をもう少し描いてほしかったところ。
宮部さんと言えば、少年の描き方には定評がありますからね。
でも、全体的は、満足なドラマでした。

*************************

前回書いたとき、腰痛が...!って書いたんですけど、
あれから...

腰痛→痛い方の足が痛くなる→足が痛くて眠れない→
ちょっとストレッチしたら筋肉痛になってますます足が痛くなる→
ベッドでウンウンうなる
→ますます腰痛ひどくなる

一方。

胃が痛い→あまり食べられない→生れて初めての(たぶん)べんぴになる
→初体験なのでどうすればいいかわからず途方に暮れる
→いろんなことが重なり、泣く。

そんな毎日を送っていました。(なんだそれ?)
胃と腰と足とべんぴ、4重苦の生活でした。
今もほぼそのままですけど。

ま、べんぴといっても、2日出なかっただけなんですけど。
というか、普段は何日でなかったとか気にもしてないので、
これは前にもあったのかもしれません(笑)

我が家には、というか、ハハには「D万能説」というのがありまして。
Dといっても、ダンスではありません。
Dというのは、リポビタンDのD。
といっても、リポビタンだけじゃなくてチオビタとか、
そういう栄養ドリンクの総称なんですけど。
ウチでは「D」って呼んでます。
D買ってきてとか。普通に使ってます。
実はハハは、毎日一本飲んでます。
これはハハが働いている時からの習慣で、そしてハハは、
Dがべんぴに効くと、本気で思っています。
実際、そうらしいんです。
なので、昨日今日と、ハハにDを飲まされてます(笑)
そして...効きました!
どうやら、ホントらしい...
今まで半信半疑だったけど、認めざるを得ません(笑)
そのほか、身体の不調を訴えると、必ず飲めと言われます。
あの自信はどこから来るのか...なぞです。

そして、この「D万能説」には、
続きというか、もう1つ逸話(?)があります。
それについては、初めたのに放置状態の「インタビューズ」で、そのうち書こうと思ってます。
全然答えてないのになんなんですが、インタビュー募集しておりますよ。
聞きたいこと、ありますか?っつうことで。

そしてハハにはもうひとつ、「めんそれーたむ万能説」もあります(^^)
どこかかゆいとか、すりむいたとか、とにかく何でも、
ハハは決まって「めんそれーたむ塗っとけ!」っていいます。
最近では、ハハがそういうと爆笑してしまいます。
でも、洗脳されてしまったのか、私はめんそれーたむを自分の部屋に常備してます。

おおむねベッドの上で過ごしてますけど、暇なので、本を読んでいます。
3日で4冊読みました。

さっきまで読んでいたのはこれ。

孤宿の人〈上〉 (新潮文庫)

最後は少し涙しました...

さて、次はいつ書けるかわかりませんが、
今日はこの辺で。

書いてない間にもたくさんの拍手ありがとうございます。
励みになってます。
拍手の返事、書けなくてごめんなさい!
  • 2011.11.08 Tuesday
  • 15:56

-

スポンサーサイト

  • 2012.01.01 Sunday
  • 15:56
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment
久しぶりの更新でうれしいです。宮部みゆきさんの狐宿の人私も読みました。そして最後泣きました。本を読みながら泣いたのは初めてです。ほうがいじらしく、宇佐の死が突然で自然に涙が出ました。この前に読んでいたと言っていたお前さんシリーズも読みましたよ。弓の助の可愛さ、お徳さんカッコよさ大好きです。宮部さんの本読破したいとがばってます。
  • アラカン
  • 2011/11/10 7:56 AM
アラカンさん。

返事遅くなってごめんなさい。

宇佐さんの死はびっくりでしたけど、
ほうの名前が「宝」になるところとか、最後のお墓参りの場面とか...心が洗われました。

昔から宮部さん好きだったんですが、なんとなく時代物は避けていて...最近は、宮部さんは時代物に良さがあるように感じています。
  • あど
  • 2011/11/16 12:52 PM
Send Comment