Calender

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

-

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2012.01.01 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

くさなぎつよしいろいろ(どらま)

冬のサクラ 第4話

ここ1週間ほど、あの雪ぐもは一体どこに行ったんだろう?
ってくらい穏やかな日々が続いています。
雪になる水が枯れたのかな?(笑)

あの、伝説の(?)ドラマ「りょうきてきな彼女」の時も最後まで感想を書き続けた私が、1話2話を書いたあと、とうとう3話の感想を書かないまま(というか、全くリピしないまま)4話を迎えてしまいました。
たぶん私が体調万全だったら、無理しても書いていたと思うんですけど、
無理して書く気持ちが起きませんでした。

でも4話を見ての感想などを軽く書いてみます。
 
昔、冷静と情熱のあいだという小説がありました。
映画化にもなっていたような。
私は読んだことはないですが、ある出来事を、女性目線と男性目線からそれぞれ描いて行くという小説だったと記憶しています。

昨日のドラマを見て、
このドラマは、徹底的に片方の目線からしか描かれていないんだな〜と気づきました。だから頭の中に疑問が残るのですよ。
夜見終わったあとに、そうか、だからいらいらしちゃうのかって思いました。

女性目線からは、しつこいほどの説明がなされる。
モノローグでしゃべり、夫や娘や義母や友達との会話もふんだんにある。
(それでも気持ちがわからないところはありますが)

でも男性目線からはどうかというと、ほとんど説明がない。
説明というか、気持ちを知るすべがないんです。
これは、いくら剛くんの演技力をもってしても、無理なんですよ〜〜。
伝えることには限界があります。

こないだ書きましたが、仕事をやめて東京に出るということがね〜、
やっぱり引っかかってまして。
でもぶっちゃけ、祐さんが東京に出なければ、話を膨らませられなかったんだろうなって思って、それはまあいいやって思ったんですけど、山形に帰っての祐さんの最初のセリフが「仕事辞めます」ってね。
そんな大事なこと、誰かに相談しないんですか?
おじさんおばさんにすごい迷惑をかけることだと思うんだけど。
祐さんはそういう人なんですって言われればしょうがないんですけどね...。
祐さんの行動が、とっぴょうしもない感じがしてしまいます。

だんなさんに言いたいことを全く言えないもなみさん。
きっと、長い間抑圧されて、頭から押さえつけられて、
だんなに逆らえなくなってしまっているんでしょうね。
こわいこわい。

たかしまさんのヒールっぷりはすごいね〜〜。
楽しそうだ。
祐さん!紺ブレ!!一張羅??(笑)
「住む世界が違う」発言といい、お義母さんの「庶民」発言といい、
すごい親子だな。庶民の私から見ると理解不能〜〜〜。
でも、祐さんは負けてない。
こういう人って、実は誰よりも強かったりするからね。
もなみさんが本当に幸せだったら、祐さんはこんな行動には出なかっただろうし、山形で過ごしていた時から、それは感じていたことなんだろうね。

しかし、たかしまさんはなんで病院に泊まらなかったんだろうね〜。
やっぱりセレブは病院なんかじゃ眠れないってか。
あのしつこさを考えたら、(注:たかしまさんのしつこさね)
祐さんがまた来るかもしれないって考えなかったのかな。
病院で二人で話しているとき、
来るんじゃないかとヒヤヒヤしてたけど来なかった。
あんなところ見られたらアンタ!!大変!!!殺される...!!
ツメが甘いぜ!!(笑)

「この世にたった一つある、大切にしたいもののために生きたい。」
これが祐さんの気持ちのすべてなんでしょう。
(やっと最後に言いましたね。)
そして、その大切なものが、
もしかして消えてしまうかもしれない運命だとしたら?
一緒にいられる時間が限られているかもしれなかったら?

その大切な人が困っていたら、近くにいてあげたい。
話を聞いてあげたい。
いつでも「大丈夫です」って言ってあげたい。
その一心。
その気持ちだけで行動している祐さん。
これを聞いたとき、ちょっと応援したい気持ちにもなりました。
祐さんはきっと、たかしまさんに負けないでしょう。

祐さんが言った「あなたが、どんな道を選んだとしても」という言葉をきいて、
もなみさんは、手術を受けないことを決心したのかも。

もなみさんの子供が、中学生という微妙な年齢に設定してあることに、
ドラマ開始前から、思うところもありました。
来週は祐さんと対面するみたいですね。
カギを握る存在になるのかな?って。
もなみさんの味方になるのか、そうじゃないのか。
お父さんの本当の姿を知ることになるんでしょうか?

そんな殺伐としたドラマでも、稲葉兄弟にはなごみます。
安奈ちゃんもいいね!
時々、肇ちゃんがお兄ちゃん?って思うこともある。
最初の鍋のところなんか、祐さんが小さく見えたよ。
心もとない感じがしてさ。
初めて人を好きになって、思いのままに東京まで出てきて、
先のこともわからない、そんな中で微笑んでいる祐さんが、
なんだか頼りなく見えました。

以上です〜。

あ、それから、「月の街 山の街」読みましたよ。
あっという間に読み終わりました。
ちなみに、しおりは「クリスマスの贈り物」でした。

これは...童話ですね。
それも、とてもストレートな童話。
とても丁寧に文章を組み立てているのが伝わってきました。

内容的にはやっぱり、剛くんのいうとおり違和感が。
たぶん、100個くらい話があって、その中にこの29話が混ざっているならよかったのかもしれないけど、これがずっと29話続くのは正直きつかった。
最後に2行くらい、格言的なものが意味もなく書かれてるのも「?」だった。
私のような心が悪な人間は、
どうもあざとく感じてしまいました...すみません。
きっとこれは...宗教の違いもあるんだろうな...。
これが300万部とか売れるってすごいな。

昔、筑紫さんの番組に剛くんが出たことがあって、
今すぐに見れないのでうろ覚えですけど、
自分の気持ちを今一つ表現する方法がわからないでいた時に、
韓国と出会って、心が解放されたと剛くんは言っていました。
訳者あとがきにあった、コンプレックス云々の話でそれを思い出しました。

奥ゆかしさとか、譲り合いの美徳とか、そういうのもいいけれど、
たまには自分の気持ちに正直に行動してみるのもいいのかもしれないですね。
祐さんみたいに。

そういう意味では、タイトルやちぇじうさんが出ることとか、
そんなことじゃなくて。
祐さんの行動が韓国的なのか?
直接的というか...振幅激しいといいか。
グラフでいうと、5%からいきなり100%みたいな。

初めて恋をして、祐さんの心は、最大限に解放されたのかもしれないです。

あ、本の話をしていたはずが...(笑)

本の挿絵を書いている方のBLOGに表紙の絵などがアップされていますよ。

このエントリを、どのカテゴリに入れようかなと考えつつ、今日はこの辺で。

追記。

1話の感想のところに、私はこんなことを書きました。
籠の中の鳥のシーンがフラッシュバックされたり、「鳥になりたい」や、「羽ばたく勇気」というセリフがあったり、いろんな問題を抱えた家庭にいるモナミが、そこから逃げ出したいともがくドラマ?という感じ(予感?)になってますけど、私が思うに、祐さんもまた、籠の中の鳥なのかなって。籠の中の鳥というと言い過ぎかもしれないけど、どこか閉塞感を抱えている。もがいているのかなって。その意味では、二人は似てるのかもしれません。
これを考えると、祐さんはもう、羽ばたき始めているのかもしれません。
そして、もなみさんの羽ばたきを手伝おうとしているのかも。
 
  • 2011.02.07 Monday
  • 16:14

-

スポンサーサイト

  • 2012.01.01 Sunday
  • 16:14
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment
こんにちは。
今日私の住んでいる千葉は、風が強いものの、
サクラが少しほころんでしまうような、
春のようなお天気でした。

ある男性の方のブログを拝見したら、
やはり、
「冬のサクラ」は、男性が感情移入しづらい、と
書いてありました。

もなみさんを思う気持ちは痛いほど分かりますが、
あっさり仕事辞めてしまうあたりは、
ちょっと??ですよね。
幼馴染のお巡りさんとのやり取りは、
凄く男らしさを感じるのに、
もなみさんの前だといつもなんだか心もとない感じに見えます・・・
暴君のような夫と比べて、
温かいぬくもりで包んでくれる祐さんに惹かれた、という
設定だからでしょうか・・・?
二人が病院で寄り添ってるところ、
車のヘッドライトが後ろに見えて、
「もしかして高嶋さん来た〜〜〜?」と
ひやひやしました。

これから物語はどう展開していくのか。
稲葉兄弟の出生の秘密もありそうな。
任侠ヘルパーの時のような、
毎週テレビの前で正座してハラハラしながら見る、
ということはないのが寂しいですが、
心穏やかに?最終回まで見守っていきます・・多分(笑
  • るうたお
  • 2011/02/07 6:28 PM
> うるたおさん。

仕事も辞めると同時に、故郷も捨ててますからね(笑)
だって、お墓守るとか、仏壇とか...(細かい)
田舎だったらますます長男の役割は大きいですよ。
一時的なもので、また帰ってくるつもりなのかな?
そういう気持ちが全然伝わらないんですよね〜〜。

細かいことは気にせず見ればいいのかもしれないけれど。

私は、庶民をバカにしていたあの親子が、実は...という展開を望んでいます。
(それってどんな展開?笑)

でもどちらにしても、最後まで見るわけなんで、
極力楽しく見るようにしたいと思います。
 
  • あど
  • 2011/02/08 9:11 PM
Send Comment