Calender

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

-

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2012.01.01 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

くさなぎつよしいろいろ(どらま)

「任侠ヘルパー」最終話(2)

ところで。

最初の頃、というか結構最近まで、
このドラマをコメディーって言っていたのってなんでだったんでしょうね?
特に後半は、とてもコメディーとはいいがたいドラマでしたが。
剛くんがとても硬派な彦一さんを演じていたので、
ちょっと脚本を変えたと聞きましたが...そのことと関係あるのかな?
もしかしたら、もう少し面白い系になる予定だったのかもしれません。

よかったね、そうならなくて。

ということで、続きです。
 
戻ってきた入所者さんたち。
ちょっと嬉しそうな所長さん。
拾ってきたアニキに筋を通して、ヘルパーになった五郎さん。
振り切るように、その場を去る彦一さん。
向かった先は、羽鳥さんのところ。

誰に対しても虚勢を張って、心の内を隠して生きてきた彦一さん。
本音を吐露する場所は、やっぱり羽鳥さんのところ。
考えてみると、彦一さんの刺青を見てしまって、でもそのことを詳しく聞こうともせず、
避けたり、怖がったりするのが普通なのに、それをしなかった。
その上、自分の子供が彦一さんに近づいても、それを止めることもしなかった。
ヘンに怖がることもなく、真正面から向き合ってくれて、
むしろ頼りにして、相談相手になっていた。
最初は反発していたけど、彦一さんその人をちゃんと見てくれていた。
きっと、そんな反応は彦一さんにとっても初めてのことだったのかもしれません。
彦一さんを彦一さんとして、丸ごと受け止めてくれた人。
というか、そんな気負いも何もなく、肩書きとか、見た目とか、そんなの関係なく、
ただただ受け入れてくれた人。

そして、火事のときに彦一さんが言った、
「おめえはおめえだろうが」という言葉を、大切にしてくれていたんだね...。

涼太に何も出来なかった...。そんなことねぇよ。
そう。
ママは、そこにいてくれるだけでいいんだよ。

バリケードを作る任侠さんたち。
楽しそう。
幹部の座を蹴ったのに、楽しそう。
そんな状況じゃないのに、楽しそう。
それがいいことか悪いことかわからないけど、とにかくタイヨウのために何かが出来る。
その喜び。
和泉さんまで同じ穴のムジナに!!!
「任侠知っちまったからな」...ニヤッ。
シビレマシタ.....。

私たちも「任侠」を知ってしまったんですけど...。
それで、皆さんのことが恋しいんですけど。
それってどうしたら?

殺気立った彦一さんと藤堂さんとのやりとり。
外には警察、ヘリコプター。
そんな中で、ほんわか優しく入所者さんたちをお世話するヘルパーさんたち。
その対比がね〜すごいね。

藤堂さんに話した彦一さんの言葉が、このドラマを象徴するセリフだと思うので、
書いておきます。
こんなことしたって、一部の年寄りしか救えねえ。何の解決にもならねぇ。
そんなことこっちだってわかってんだよ。
神様じゃあるまいしな。(このセリフ多かったですよね、このドラマの中で)
だけど俺らは、目の前にいる弱いやつら、ほっとくことは出来ねぇ。
ましてや少しでも関わった連中を、途中で放り出す気にもならねぇ。
これが俺たちの、筋の通し方だ。
あど...萌え死...。

警察との乱闘。
剛くん、すごい。
あのスピード感。
頭突きだけじゃなく、飛び蹴りも得意技だったのか...。
それにしても所長さん...最後までお茶目♪(笑)

彦一さん、和泉さん、五郎さん、三樹矢くん、二本橋さん、
カッコよすぎです〜〜〜。

もちろん警察に勝てるわけはなく、勝つつもりもなく。
確保される5人。
「じいさん!ばあさん!」と叫びながら確保される彦一さん。
画面を見つめる涼太くん。
おとなの事情はわからないでしょう。
でも大切なものを、身体を張って守る彦一さんの姿、伝わったよね。

車に乗せられる彦一さん...見た?見たよね?
なんという表情を...剛くん...。
この数秒だけでも泣けた。
何度見ても泣ける。

彦一さんたちがそこまで見越していたとは思えないけど、
彦一さんがやったことは、結果的に、介護制度に風穴を開けた。
「そんな制度だったら、いっそのこと潰したらどうだ?」
ちゃんと、彦一さんの助言を聞いてくれてるじゃん(違う? 笑)
やっぱり藤堂さんは悪い人じゃなかった。
きっと、涼太くんのこと、大切にしてくれるでしょう。

りこちゃんは幹部になり、五郎さんは介護のお勉強で春菜ちゃんに叩かれてるし(笑)
二本橋さんのムスメは、きっと極道なんて知らない宇宙人みたいなのと付き合ってるし、
六車さんは、やっぱり介護施設を経営。(なんであの女が??)
和泉さんと三樹矢は...「男の仕事」を(?)。
それぞれがそれぞれの筋を通して。
極道なのに爽やかな...え?そうか?(笑)

たとえ極道に戻っても、それは以前とは違う極道さんになっているでしょう。

出所してきた彦一さん。
ちょこんと置いてあるバッグにウケる私。
なんか...ツキモノが落ちたような顔をしてる。

彦一さんが組に戻らなかったら、もう2度と会えない。
りこちゃんのキスは、決別のキス。
っていうか、きっと子分にバレバレっすけど!!(笑)

「ママ!アニキが来たよ!!」
涼太くん、このドラマで最高の笑顔です!
「今日は忘れちゃってるみたい」
「そうか」って。
あの時の表情!見た?みんな見た?(本日2度目の確認)
笑ってるような...泣きそうなような...。
涼太くんのあの一言で、彦一さんは感じ取ったんでしょうね。
舎弟の成長を。

ライターの音で、思い出す羽鳥さん。
急にきりっとした顔になって。
出会いのときの言葉を言って。
嬉しさを隠せない彦一さん。

ググッとカメラは俯瞰になって。
あったかい陽だまりの中で、あったかく微笑む3人を映して。
そのまま時間よ止まって!!
そう願った私でした。

美しくて、嬉しくて、少し物悲しくて...
現実は厳しいけれど、ほのかな希望もあって。
これからどんなことがあっても揺るがない、そんな絆を感じました。

彦一さんの優しく、美しい笑顔...忘れません。

そして最後までお騒がせ(?)の所長さん。
また...始めるんですか???(驚)

++++++++++++++++++++++++++++++++

終わっちゃった。
最後の最後まで期待を裏切らず、というか期待以上のドラマでした。
この作品に、今この時期に剛くんが出会ったことに。
この作品に関わった、スタッフ、キャストの皆さんに。
感謝したい気持ちでいっぱいです。

ドラマ自体、ドラマ史に残るドラマだったと思います。
1話から全くぶれず、1人1人のキャラが立っていて、
毎週毎週こんなに楽しみにしたドラマは久しぶりでした。
これはきっと、私が剛くんファンだからではないと断言できます。
これからどんどん評価が上がっていくでしょう。

そして剛くん。
やっちゃったね。
あなたはすごい人です。
あなたのファンでよかったです。
あなたとは血のつながりも何もないけど、自慢したいです。
周りの人みんなに自慢したいです。
これからどんな風に成長していくのか、
これ以上になったら怖い!!って思うくらい、
今の剛くんはすごいです。最強です。
きっと新規開拓もうまくいってますよ。絶対に(笑)

剛くんの代表作の1つになりましたね。
きっと剛くんも、大きな手ごたえを感じているんじゃないかな?
早く剛くんの言葉を聞きたい!

それにしても...。

ホントに...怖い子!!!
..でも超がつくくらい、好き(笑)

最終回の次の日。
普通に仕事をしていた私でしたが、時々涙が出ちゃってね〜〜。
なんで?なんで?って思いながら仕事してました。
ちょっと心配していた、誰かが死んでしまうんじゃないかとか、
そういうことが一切なくて、(そういうエピを入れると盛り上がるし)
みんな、それぞれに幸せになって、ホッとした気持ちと、
もう、彦一さんに会えないんだという寂しさ。
あの意味不明の涙を自分なりに分析すると、それだったのかな?なんて。

そんな、「任侠ヘルパーが終わってしまった生活」をしている私ですが、
ひとつだけわかっていることがあります。

今どうしているかわからない。
でも、彦一さんはどこかで幸せに、彦一さんらしく、生きている。
あいかわらず「ああ??」とか「ざけんなよ」なんて言いながら、
羽鳥さんと、涼太くんを、優しく見守りながら、
どこかで生きている。

それを思うだけで、私は幸せなのです。

読んでくれてありがとう。
  
  • 2009.09.21 Monday
  • 00:19

-

スポンサーサイト

  • 2012.01.01 Sunday
  • 00:19
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment
考察と感想読ませて頂きました。
あどさんの、ことばの運び方が素敵で
映像がすぐに浮かぶほどリピしているのとで
胸がいっぱいになりました。

私は翌日から火が消えなくて
でも自分で文字に残すのは下手なので
こうしてブログめぐりをしています。

主要な登場人物が
(と書くと架空なひとみたいで違和感←架空ですけど)
みんな嫌なヤツで終わらなかったなぁと。
辞めていったヘルパーさんやあの秘書まで。
彼女は『会社の為です』って言っていたのである意味
筋が通った人だったって思っています。
ヘルパーさんもタイヨウの一大事には駆けつけたましたし。

長々とヘンなことを書いてすみません。
  • yapponn
  • 2009/09/21 5:29 AM
こんばんは。
あどさんの感想に全部うんうんそうだよねー、って
うなずきました(笑)
彼のアクションシーンはすごいです!飛び蹴りめっちゃ飛んでるし。動きがすごくいいんですよね。
海岸でのりこちゃんとのシーンは超美しいんですけど!
キスシーンは「ぎゃーーー」ってひとりで叫びました(笑)
晶にひまわりもって歩いてくるところでグッときて、
最後の笑顔が最高でした。大好き!
本当に素敵なドラマでした!
ありがとうございました!
彼のファンであることが誇りです。


  • とも
  • 2009/09/21 8:32 PM
> yapponnさん。

yapponnさんは...あそこで(?)yapponnお世話になった方ですか?
お久しぶりです!
もし違ったらごめんなさい。

本当にそうですね。
かといって、無理に大団円というわけでもなく、
でも、キャストのその後については、少しワクワクする部分もありました。

終わり方が余韻があっただけに、しばらく余韻に浸れそうですよね。

またきてくださいね。

> ともさん。

又兵衛さんといい、彦一さんといい、
アクションすごいですよね。
ホレボレしてしまいます...。

キスシーンあるなんて聞いてなかったから、
ビックリでした(笑)
でもあの設定も自然でよかったです。
あの海岸、行ってみたいな〜。
 
  • あど
  • 2009/09/21 10:37 PM
あどさんの感想を読んで、感動して、ついコメントを開いてしまいました。

でも、うまく伝えれません。

こんなに、素敵な感想をこのドラマを作った方々に見てもらいたいですよね。
  • ココロン
  • 2009/09/22 12:08 PM
yapponnさ〜ん、返事コメントヘンになっててごめんなさい...。

> ココロンさん。

そんなそんなとんでもないです。
いつも行き当たりばったりの感想なのです。

これからもこんな調子で書いていきますので、
よろしくお願いします。
 
  • あど
  • 2009/09/22 10:38 PM
Send Comment