Calender

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

-

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2012.01.01 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

くさなぎつよしいろいろ(どらま)

「任侠ヘルパー」第10話(1)

先日のことですが、任侠ヘルパーのサイトに、
夏川さんのインタビューがアップされました。
個人的にとても楽しみにしていたものです。
大人の女性から剛くんがどう見えるのかを知りたかったし、
キャリアのある女優として、あの作品をどう思っているかも知りたかったし。
短いインタビューだったけど、私の知りたいことを話していて嬉しかったです。

剛くんに対する言葉はもちろん嬉しかったけど、
夏川さんが、このドラマのオンエアを楽しみにしているということがね、
嬉しいな〜って思いました。
私が作ったドラマじゃないんですが...フフフ...

そして驚いたのが、清志郎くんのことを話しているくだり。
子供だからっていうのは簡単だけど...やっぱりすごい子なんですね。

ということで、任侠10話。

今までのギモンや、たまっていたものが、
一気にぶちまけられたような、そんな回でしたね。
混沌としていますので、私自身の感想も混沌とする予感。
私なりに、「ユーモアというスパイス」をふりかけつつ書いてみます。
 
所長はやっぱり知らなかったのか?
もしかして元極道?とかカシラとお友達?とかいろいろ想像していましたが。
「ヘルパーとしてまじめに働いていた」と言われましても、
(言ったのは和泉さんだったけど)
きっと一般的な反応は、あんな感じなんでしょうね。
「ヤ○ザですよ。」「かばう必要ない。」
1人じゃなくて、極道が団体で来たら、そりゃ困惑しますよね。
それが現実。

フランチャイズ契約を切られるタイヨウ。

遊園地で発作(というのか?)が起きての、羽鳥家での彦一さん。
スゲェ家だな...と思いながら天井見上げています。
涼太くんを気にして、近づいて、ライターカチカチ。
...舎弟に点けてもらいたかったのかな。催促?
涼太くんのストレートな質問に、さすがのアニキにも、答える言葉がありません。

バスルームに駆けつけるブラックスーツのアニキ...。
もうカッコよすぎてクラクラします。
カッコいい上に、勘が抜群にいいんです。
きっと、いろんな修羅場をくぐりぬけてきたんだなと思います。

極道さんたちの部屋にやってきた所長さん。
言うにことかいて「こんばんは」って!(笑)
極道さんたちに残ってほしいって言いにいったんですね〜。

病院で。

彦一さんが羽鳥さんの手を取ったからビックリした!
あんなブラックスーツで、女性の手をとったりしちゃだめ!(意味不明)
このあとの所長さんとのシーン、よかったですよね。
いろいろ確執もあった2人だけど、ホント所長さんはいい人ですね...。
って、その結論でいいのかな?
いまひとつ、所長さんの実態(?)が見えません。
...きっとそのまま受け取ればいいんだと思うんだけど、
どうも、ナナメから物事を見てしまうから...(苦笑)

カシラの部屋に又兵衛さんが!(違)
そういえば、和泉さんが5年間もヘルパーやってた謎もまだ解けてませんね。
カシラも、先を読んでるのか行き当たりばったりなのか、わからん。

彦一さんはやっぱり涼太くんを心配してるんだと思うんだよね。
羽鳥さんが好きというよりも。
羽鳥さんも何気に彦一さんに頼ってるし、涼太くんももちろん頼ってるし。
羽鳥さんの病気のことをちゃんと調べてるし、ちゃんと見てやれよなんて言ってるし。
人のことを心配するという気持ちは、
もしかしたら彦一にとって初めての感情なのかもしれません。

正体がばれて、周りがぎこちなくなって、
それにイラついて、暴れてしまう五郎さん。
春菜ちゃんに言われることが一番つらいよね...。
ヤ○ザということにショックを受けているというのもあるけど、
春菜ちゃんにしてみれば、裏切られた感というか、嘘つかれたのもつらいんだと思う。
りこちゃんに恋愛相談したりしてたもんね。
友達だと思ってたんじゃないかな?
ま、ドラマじゃなかったら、きっとヘンだな?って気づくと思うんですけどね。
1人じゃなくて、団体なんだから。

春菜ちゃんは、本当にマジメな子なんだよね。
介護の仕事が大好きで、マジメにマジメに仕事やってきた。
タイヨウに残って頑張ってる。
そのマジメさゆえに、極道さんたちのことが許せない。
もう...八方ふさがり。

若い頃から、世間のはみだし者だった五郎さん。
(吼える、若き五郎さんを見る彦一さん...ほんとに剛くんじゃないな。あれは誰?)
人のためになって嬉しいっていうのは、人間の本能なのかもしれませんね。
自分の居場所がそこにあったのかも。
極道だから人のためになれないってことはないけど...。
それが現実。堅気じゃないから。

タイヨウから登校する涼太くんにホノボノする。
陽だまりの中にある病室は、悲しい現実の裏返しでもある。
タイヨウの人たちが、羽鳥さん親子を暖かく見守ってるのが、嬉しい。

厚労省の役人...あの人でしたか...。
ちょっと...バラエティーに出ているじんないさんは別にいいんですが、
演技に癖があって...ちょっと苦手です。
今までキャスティングが素晴らしかっただけに、最後の最後にか!!と、残念でした。
(あくまでも私の感想です)
おまけに厚労省の役人というだけじゃなく、涼太くんの父親だなんて...。

暴れる母親を目の前にして、悲しくて泣いてしまう涼太くん。
お!彦一さん、あんな子供を置いていくんですか?って思ったら、
部屋に蚊がいるらしく(笑)ちゃんと来てくれましたね。
それにしても、あんな子供に対しても強がりを言う彦一さん。
涼太くんは、子供ではなく、舎弟なんだもんね。
やっぱり舎弟の前ではアニキは弱みを見せられないんだよね。

そんな強がりアニキだから、隣で添い寝、はしてあげられないけど、
ぎゅっと握った手。
途端に泣き出す涼太くん。
...泣けました...。
(確かにあそこで添い寝した画を想像できませんよね)
あんな小さな身体で受け止めなければならない現実の重さといったら...。

羽鳥さんの手を握る彦一さんの手。
涼太くんの手を握る彦一さんの手。

夏川さんのインタビューを読んだあととなっては、
涼太くんの涙が嘘とは思えない私なのです。

そして、アニキの部屋にいた蚊が、涼太くんを刺したらしく(笑)
お母さんの前で強がる涼太くん。
偉い!
さすが彦一アニキの舎弟です。
強がりは男の美学です(?)

自分が認知症で、いろんなことを忘れてしまうっていう恐怖と、
それによってもたらされる結果もわからない。
やがては、それさえも気にしなくなっていく。
「教えて」と頼む羽鳥さんが悲しかった。


ちょっと長くなったので分けます。
  
  • 2009.09.13 Sunday
  • 15:47

-

スポンサーサイト

  • 2012.01.01 Sunday
  • 15:47
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment
Send Comment